目の下のクマに悩むならクリニックでの治療がオススメ|Your Shaping

目にできるクマに悩む前に

なかなか消えない目の下のクマ、本当に嫌になりますよね。睡眠もちゃんととっているのになぜ消えないのでしょうか?実は同じ疑問を持っている人が多くいるんです。そのクマに関するQ&Aをまとめてみました。

目にできるクマに関するQ&A

クリニックで何回くらい治療を受ければクマがなくなりますか?

治療内容や個人差でも回数は異なります。一般的にクマ治療は3,4週間以上の間隔を空けてから5,6回ほど受けることで改善効果が期待できます。また、ヒアルロン酸注入による黒クマの治療は1回で改善効果を実感できる方が多いですが、半年から1年に1度は継続して行うことをオススメします。

ヒアルロン酸注入などによる副作用はありますか?

ヒアルロン酸注入などの治療は針を使用するので、まれに注射による内出血が起こることがあります。なので、結婚式などの大事なイベントの前には2週間以上の期間をおいてから行うようにしましょう。

クマはほっといても治りますか?

茶クマなどの色素沈着が原因のクマは、メラニン色素が沈着してクマとなっているのでほっといてもなかなか消えないことがあります。なので、クリニックで治療をすることをオススメします。

目

血行不良や加齢が原因です

目の下にクマがあると、疲れた印象を与えてしまったり、不健康に見えてしまったりするので悩んでいる人が少なくありません。30代、40代以降の中高年だけでなく、比較的若い20代の人にも見られます。目の下のクマが出来る原因を知っておきたい人が多いですが、目の周りは皮膚が薄くデリケートなので、まばたきや洗顔などの摩擦なども原因になります。貧血気味で冷え性の場合は、血行不良などが原因で青クマが出来やすくなります。自宅で目元専用のケアクリームを使用している人が多いですが、限界を感じている人は美容外科のクリニックに通院をすると良いでしょう。美容外科のクリニックでは、一人一人のクマの状態に応じた治療法を提案してくれます。お腹や太ももなどから、脂肪を採取して目の下に注入する方法も提案してくれます。痛みがほとんどなく、体に負担の少ない方法を提案してくれます。

最適な治療法を提案します

目の下のクマは、加齢が原因でたるみなどが目立ってきたり、皮膚への摩擦、血行不良だったりが原因で起こります。美容外科のクリニックでは、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法などの治療を提案してくれます。脂肪注入法は自分自身の脂肪を採取して、極細の針を使ってクマを目立たなくする方法です。アレルギーの心配もほとんどなく、施術時間も15分程度で終わります。加齢が原因で目の下に脂肪が付いていると、クマの原因になってしまうため、脱脂による治療も行っています。眼窩脂肪を採取することで、目の下のクマを目立たなくする効果があります。血行不良が原因のクマの場合や、加齢によるたるみなどが原因の場合は、最適な治療法を提案してくれます。信頼できる美容外科のクリニックを選ぶと、一人一人の状態に応じた治療法を提案してくれるので安心です。

広告募集中